芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。


    祝福する気持ちになりません。

    1 Egg ★ :2019/02/16(土) 06:39:43.05 ID:+AVtgYGb9.net

    2月13日、タレントのベッキーさん(34歳)が、プロ野球ジャイアンツ・片岡治大ファーム内野守備走塁コーチ(35歳)との結婚を発表。自身のインスタグラムに「私事ではありますが、先日、読売巨人軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんと結婚いたしました。
    これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」とコメントしました。ベッキーさんのインスタグラムや、結婚を報じる記事へのコメント欄には、「おめでとう!」「今度こそ幸せになって」などと祝福の声が飛び交っています。

    振り返ること約3年前の2016年1月、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(30歳)との不倫騒動がありました。謝罪会見でのウソや『週刊文春』によるLINE流出もあって、世間のムードは批判一色。
    「だますなんて許せない」「今すぐ引退しろ!」「二度と顔を見せるな」などの厳しい声が殺到し、ベッキーさんはレギュラー番組やCMを降板し、芸能活動休業を余儀なくされました。

    その後も復活の兆しを見せないまま、3年が経過しての結婚発表だったのです。しかし、ベッキーさんの結婚に関する祝福コメントに、温かいものは感じません。むしろ、「たたきまくった分の埋め合わせ」をするような薄ら寒いものを感じてしまうのです。
    3年間にわたる批判と今回の祝福。ベッキーさんに浴びせられたコメントの落差は、「手のひら返し」という軽いイメージではなく、さながら「天使と悪魔」のように感じてしまいます。なぜ普通の生活を送っている一般の人々が、まるで2重人格のようなコメントを他人に浴びせてしまうのでしょうか。
    その理由は、よく言われる「無責任だから」「ストレス発散のために」「想像力に欠けるから」ではなく、誰にでも当てはまる落とし穴が潜んでいるのです。

    ■自分より他人と向き合う思考と習慣

    「誰もが当てはまる現代人ならではの落とし穴」の最たるものは、「他人と向き合う」という思考回路と生活習慣。ネットの発達で、日々膨大な情報にふれるとともに、「自分ならこうする……」と考えたり発信したりすることが習慣化しました。
    例えば、ベッキーさんの不倫騒動では、「私なら絶対にしない」「私が妻の立場なら許せない」と思うからこそ、あそこまで批判がヒートアップしたのですが、これは「自分と向き合っている」「自分の人生を生きている」とは言えません。

    恐ろしいのは、「自分の人生と向き合うよりも、他人の人生をのぞき見する」機会のほうが圧倒的に多く、それが日ごろの思考回路や生活習慣になっていること。ネットニュースでは有名人、SNSでは友人・知人の情報にふれることで、自分のことはおのずと後回しに……。
    批判だけでなく、称賛や応援などのポジティブなものも含め、どのコメントも「自分の心から湧き出た思い」ではなく、条件反射のような直感的な感情が多くなっていくのです。さらに恐ろしいのは、その思考回路と生活習慣は、誰かと共有することで強固なものとなりやすく、ますます自分の人生から遠ざかってしまうこと。
    すると、「誰のために、何のために批判しているのか?」「本当にストレスを発散できているのか?」すら自分でわからなくなるほど感情がマヒしてしまいます。

    多くの情報にふれて他人と向き合っているだけでは、直感的な感情ばかりになり、無責任で偽善的なキャラクターになる一方。ビジネスパーソンとして見ても、「モラリスト風であるにもかかわらず論理的でない」という残念なキャラクターであり、
    チャンスに恵まれるとは思えません。それ以上に深刻なのは、直感的な感情ばかりになると論理的な思考が失われて、幸せを実感できにくい人になっていくこと。視野が狭いこともあって、目の前の幸せすら次第に
    「当たり前のもの」と感じて喜びが浅くなるなど、寂しい人生になりがちなのです。

    情報にまみれ、自分の人生と向き合わず、よくも悪くも、その矛先は他人。ベッキーさんへの「手のひら返し」や「天使と悪魔化」だけでなく、飲食店を中心とした「バイトテロ」「不適切動画」問題への過剰な批判なども含め、
    自分の人生と向き合っていない人が増えています。

    2/15(金) 16:00配信 東洋経済オンライン 一部抜粋
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00266027-toyo-soci&p=3


    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    (出典 i.ytimg.com)


    【 世間のモラルを崩したのはベッキー それを皆断罪!】の続きを読む


    あの「高畑裕太」に恋人発覚 お相手は紅白“米津玄師コラボ”ダンサー(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
    女優・高畑淳子の息子の裕太(25)が、ホテルの従業員への性的暴行で逮捕されたのは、およそ2年前のこと(不起訴)。いまだ叶わぬ表舞台のそのウラで、ひそかに恋を育 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    高畑に彼女がいるのに、ワイときたら彼女いない。

    1 ひかり ★ :2019/01/20(日) 18:41:45.28 ID:AWmfsrkE9.net

     女優・高畑淳子の息子の裕太(25)が、ホテルの従業員への性的暴行で逮捕されたのは、およそ2年前のこと(不起訴)。
    いまだ叶わぬ表舞台のそのウラで、ひそかに恋を育んでいた。

     ***

     1月18日、裕太の姿は都内某所のライブハウスにあった。21時半頃、6人組が店を後にし、近所の居酒屋へと向かう。
    最後尾を歩くのは裕太。そしてよくよく見れば、先頭を歩くのはダンサーの菅原小春(26)だ。昨年末の「紅白歌合戦」では、
    徳島県から中継した米津玄師の出演時にパフォーマンスを披露し、話題を呼んだ。

    「実は裕太さんと菅原さんは、昨年3月頃から交際しているんです」

     と明*のは、舞台関係者。実はこの日、先のライブハウスでは菅原の姉であるタテジマヨーコが出演するイベントが
    行われていた。のちにギターケースを抱えたタテジマも合流したことから、“妹の彼氏”も交えての打ち上げというところだろうか。

     日付が変わって、午前1時過ぎ。菅原がひとり居酒屋を出て、流しのタクシーをつかまえた。乗り込むも発車はせず。追いかけるように遅れて裕太が現れ、
    ドア越しに菅原と言葉を交わす。他のメンバーの目を忍んでの、つかの間の“逢瀬”。その後タクシーは走り出し、
    裕太は夜の街を歩き出した――。

     当人たちは何と答えるか。菅原サイドは本人に代わり、姉が「(交際しているか)私の口からは言えません」と答える。
    一方の裕太も、本人ではなく母の淳子が対応し、こうほのめ*のだ。

    「もう、いい大人ですから……」

     関係者の間では“結婚”の2文字もちらつく2人の関係。1月24日発売の週刊新潮では、裕太と菅原のツーショットと併せ、
    詳しく報じる。

    週刊新潮WEB取材班

    2019年1月20日 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190120-00555430-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【[速報]ワイ、うらやましい あの高畑裕太が何と!】の続きを読む


    落書きを認めるのはいかがなものかと思います。


    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/01/18(金) 11:32:30.62 ID:RyXAT5yX9.net

    [2019年1月18日11時20分]

    正体不明の路上芸術家バンクシーの作品に似たネズミの絵が東京都港区にある金属製の防潮扉に描かれているのが見つかり、ネットをざわつかせている。

    小池百合子東京都知事は17日、ツイッターで「あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました!」と絵と一緒に写った写真をアップ。「東京への贈り物かも?カバンを持っているようです」とつづった。

    小池氏の「東京への贈り物かも?」という推測には賛否が寄せられており、ウーマンラッシュアワーの村本大輔は「本当にバンクシーだとしたら東京への贈り物というより東京への攻撃だと思います」と異論。キングコングの西野亮廣は「本物のバンクシーの作品だとしたら、彼のことだから、『ネズミが傘を持っている=汚れたネズミでも避けたくなる雨(放射能雨)』といったところで、世界中が集まる東京五輪に対する皮肉だろうから、東京五輪のユニフォームで作品をお届けしてしまってる小池さん、作品を完成させちゃってんじゃね?」と私見を述べた。

    元AKB48の高橋みなみも「あの絵本当にバンクシーなのかなぁ もしバンクシーだとしたら何か意味のある絵なはず 気になる」と反応した。

    また、“落書き”を容認するかのような小池氏のツイートに疑問を呈する声も少なくない。タレントのフィフィは「ゲリラアーティストの作品は、どう扱われてもアートはアートと思う。そこまで想定しての作品なのか、あるいは想定してないか、でも許可なく描くわけだから、そこは覚悟と思う。防潮扉に許可なく描かれた絵、日本では罪、消すのが妥当。作品の価値云々以前に、有名無名は関係なく罪だから消すしかない」とツイート。タレントの吉木りさは「違法なことだから適切な処置をしないと… でも価値があるしな… と結果丁寧に作品が扱われてる様もバンクシーは鼻で笑ってるような気がする」とつづった。

    バンクシーは神出鬼没のゲリラ芸術家で、世界各地の壁などにメッセージ性の強い作品を描くことで知られる。昨年10月にはロンドンで行われた競売で、高値がついた絵画作品をシュレッダーで裁断し、話題となった。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901180000249.html


    (出典 theartofbanksy.jp)



    (出典 upload.wikimedia.org)


    【 [速報]ただの落書きに喜ぶ⁈ 小池都知事 バンクシーの作品だからってどうなん?】の続きを読む

    このページのトップヘ