芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 > お笑い芸人


    みやぞん、トライアスロン完走“翌日生出演”で日テレに批判!?
    みやぞん、トライアスロン完走“翌日生出演”で日テレに批判!?  日刊大衆
    (出典:日刊大衆)


    みやぞん、今が稼ぎ時です。頑張ってください!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/31(金) 08:49:00.25 ID:CAP_USER9.net

    8月25日から26日にかけて放送された『24時間テレビ41“愛は地球を救う”』(日本テレビ系)のチャリティーランナーを務め、見事完走したANZEN漫才のみやぞん(33)。
    しかし翌27日放送の『みやぞん史上初の挑戦!完全密着!24時間トライアスロン』(同)にも生出演し、「翌日くらい休ませろよ」と日本テレビに対し、批判の声が上がっている。

    みやぞんのチャリティーマラソン起用が発表されたのは、今年6月放送の『世界の果てまでイッテQ!』(同)内でのこと。
    さらに今回はマラソンだけではなく、水泳と自転車も含めたトライアスロン形式で行われることも明かされた。

    27日放送の『みやぞん史上初の挑戦!』では、みやぞんのマラソン起用が決定してからの舞台裏に密着。
    カメラ30台で撮った、のべ5480分の全記録として、山梨県西湖での水泳練習や病院で受けた事前検査の様子まで放送していく。
    流れたのは2カ月間をまとめたVTRだが、進行役の日本テレビ蛯原哲(44)アナウンサーによると、編集と放送は同時進行。
    みやぞんは編集室でのオープニングトークに参加し、VTR中もワイプで顔が映され続けた。


    番組ラストには、坂本雄次(71)トレーナーからの手紙も読み上げられ、終始気を抜けなかったみやぞん。

    視聴者からは「次の日も出るなんて人としてちゃんと扱ってないよ」「あんな疲れる仕事した翌日にまた出演とか、かわいそうだろ」
    「さすがに休養が必要」「舞台裏は1カ月後とかでもいいから」と日本テレビに対して批判の声が上がった。


    「今回の企画は、日本テレビ自ら“24時間テレビ史上最も過酷なトライアスロン形式での挑戦”とうたっていました。
    しかし『24時間テレビ』内で放送されたのはマラソン部分だけで、水泳と自転車は『24時間テレビ』前の番組までに終わらせていました。
    トライアスロンには番組時間を超える33時間ものスケジュールが組まれ、最初の種目である水泳がスタートしたのは25日正午の『メレンゲの気持ち』(同)から。
    3日連続の生出演となれば、視聴者が心配するのも無理はないでしょう」(芸能ライター)

    来年以降は、ランナーの健康面にも配慮した対策を取ってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1512201/
    2018.08.31 08:00 日刊大衆


    (出典 wezz-y.com)


    【みやぞん、今が稼ぎ時だから、余計なこと言わないで!トライアスロン完走“翌日生出演”で日テレに批判!? 】の続きを読む


    アンガ田中、ヘキサゴンの裏側暴露 “おバカ”急造「何人も見た」
    アンガ田中、ヘキサゴンの裏側暴露 “おバカ”急造「何人も見た」  ニコニコニュース
    (出典:ニコニコニュース)


    ワイは、おバカタレントはキャラを作っていると思います。簡単な問題でも面白く間違えるには頭使いますよね。

    1 Egg ★ :2018/08/30(木) 00:48:37.04 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志が、29日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00~)に出演し、かつて目撃したおバカキャラの急造を暴露した。

    この日のゲストには、ANZEN漫才のみやぞんが登場。愛される天然の“おバカキャラ”が作ったものではないかという疑惑が浮上し、
    7年前にフジテレビのトーク番組に出演した際の映像を見ると、今とは話し方が明らかに違う、知性すら感じられるトークぶりを見せていた。

    これを見た田中は「ヤバいヤバい、なにこれ(笑)」と驚がくし、「これは完全にアウトでしょ。だってよくいたんですよ、
    『ヘキサゴン』とかやってたころ、なんか急におバカキャラみたいなのが入ってきて、マネージャーに『正解するな』って言われてるタレントを何人も見たことがある」と暴露。

    だが、みやぞんは「(キャラ作りは)まったくないです」と否定し、相方のあらぽんも「1歳ぐらいからずっと一緒にいるんですけど、おバカキャラというかバカだと思いますけどね」と証言した。

    マイナビニュース 2018年8月29日 22時33分
    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180829/Cobs_1809353.html

    写真

    (出典 s.eximg.jp)


    【<アンガールズの田中卓志>かつて目撃したおバカキャラの急造を暴露】の続きを読む


    松本人志、CG使ったAKB48のシングルMVに「初音ミクでええやん」
    松本人志、CG使ったAKB48のシングルMVに「初音ミクでええやん」  RBB TODAY
    (出典:RBB TODAY)


    松井珠理奈の代わりのCG、今の時代にそぐわないほどお粗末なんですけどどうしちゃったんでしょうか?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/26(日) 14:00:33.49 ID:CAP_USER9.net

    AKB48の「センチメンタルトレイン」の未完成MVが松井珠理奈不在のままYouTubeに公開された。
    MVの冒頭では松井が体調不良のため、絵コンテやCGイメージを使用した表現となっている。
    松井は総選挙で1位になっており、本来ならセンターに登場するはずだったが、無期限休業のまま。


    このMVが『ワイドナショー』で紹介されると、松本人志は「初音ミクでええやん」と指摘。
    指原は実はかかわってないのでわからないとしながらも「このミュージックビデオに関しては、これしかやる方法がなかったのかなという風に思ってます」とコメントした。
    ちなみに未完成部分は、復帰後に改めて撮影編集が行われるという。

    スタジオでは松本をはじめ、指原自身も体調不良で握手会を休んだことが話題に。
    泉谷しげるが50代で訪れる体の不調について「腕も上がらなくなる」と話すと、
    松本は自分もそうだとし「起きた時にカーテンのシャーができない」と話すと、「何のための筋トレなんんですか」とつっこまれる部分もあった。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15212729/
    2018年8月26日 13時35分 RBB TODAY


    (出典 Youtube)



    (出典 news-sokuhou.site)



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    【松本人志、CG使ったAKB48のシングルMVに苦言 これだったらあれでも】の続きを読む


    <共演NG?【犬猿の仲】の有名人>徳光和夫のプライドを傷付けた?明石家さんまの“仕事の流儀”とは
    <共演NG?【犬猿の仲】の有名人>徳光和夫のプライドを傷付けた?明石家さんまの“仕事の流儀”とは  livedoor
    (出典:livedoor)


    明石家さんまの意見にワイも賛成です。なんでチャリティ番組なのに出演芸能人には高額なギャラが支払われるのか意味わかりません。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/26(日) 23:34:14.39 ID:CAP_USER9.net

    この夏で41回目を迎えた「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)は25~26日にかけて放送された。メインパーソナリティーに初となる
    アイドルグループ・Sexy Zoneのメンバー5名と番組パーソナリティーにお笑いタレント・サンドウィッチマンを起用し、平成最後の“夏の風物詩”は、つい先程、幕を閉じた。


    同番組は昭和から長年続く、老若男女問わず愛される長寿番組である。これまでの放送を振り返ると、一言では言い切れない程の愛や感動、ハプニングなど様々な名場面を取り上げてきた。
    だが、その番組の出演を巡り、いざこざが勃発したという出来事も過去にあったといわれている。

    発端となったのは2010年の放送のこと。同番組メインパーソナリティーのアナウンサー・徳光和夫が、お笑いタレントの明石家さんまへ同番組への出演依頼をしたという。
    しかし、さんまは「チャリティーなのにギャラが出るのはおかしい」と出演を拒否。

    だが、さんまの出演拒否によって、プライドを傷付けられた徳光の導火線に火が付いたのだ。
    その後、徳光は「さんまを見て一度も笑ったことがない」と批判したことで、以降両者は共演NGになったと報じられた。

    ところが徳光は、2016年8月に放送された『路線バスで寄り道の旅』(テレビ朝日系)にて、さんまとの真相を自ら語ったのだ。
    番組内で共演したタレントの河北麻友子が「さんまさんと結婚したい」と話した流れから、「さんまさん、最近面白いね」と徳光は切り出した。


    しかし、「最近ですか? 」と共演者からの指摘を受けた徳光は「昔、(徳光が)さんまさんはあんまり面白くないって言って。
    さんまさんがそれを見ていたらしくて、全然疎遠になっちゃったの」と激白したのだ。

    そして、2016年11月にさんまが『誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!』(日本テレビ系)に出演。
    同番組で「共演NGなタレントは?」という質問に対し、「俺はいないけど、向こうが言うみたい」とした上で、
    「番組って仕事場なんで、嫌いなままでも仕事する。イヤでも本番やんか。だからそれはちゃんとプロとしてやるべき」と豪語した。


    「さんま自らの共演NGの相手はいないが、先方から共演NGを受けたという。
    さんまが言う“向こう”とは、徳光ではないのかと囁かれていたそうだ。
    それが芸能界で一気に広まり、一切共演のオファーは出せない状況だという」(芸能関係者)

    近年、世間からの24時間テレビに対しての反応というと、さんまに限らず、「メイン司会の嵐が高額ギャラを貰っているからいかん!」
    「ギャラを全部募金に回した初代パーソナリティーの萩本欽一は偉い!」などといった、高額な出演ギャラについて視聴者からも疑問視されているようだ。


    また、2017年9月にテレビプロデューサーのデーブ・スペクターが自身のTwitterで「アメリカでやったハリケーンのための寄付集め特番に音楽や映画スターが勢揃いですべてノーギャラとノーCM。
    “24時間テレビ”のスタッフは見ないようにしているでしょうね、きっと。オチがなくてすみませんm(__)m」と皮肉ともとれる発言が、フォロワーから大絶賛されたこともあった。

    しかしながら、人気タレントや大物芸能人の出演や参加があってこそ莫大な募金が集まる一面があるのも事実。
    チャリティーとはいえ、あくまでも仕事であり、出演料にこだわる芸能人がいても無理はない。
    今後、ギャラの件も含め、番組の内容がどのように変化していくのか注目したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15214326/
    2018年8月26日 22時0分 リアルライブ


    (出典 Youtube)

    蒼いタメイキ/明石家さんま 作詞・作曲 高見沢俊彦


    【明石家さんまの意見に賛成!24時間テレビ、徳光からの出演依頼に対して『チャリティやのにギャラ出るのはおかしい』】の続きを読む


    ブラマヨ吉田、新幹線の「タイピング音」に苦言 「自分の家でパソコンやってんのかと」
    ブラマヨ吉田、新幹線の「タイピング音」に苦言 「自分の家でパソコンやってんのかと」  ニコニコニュース
    (出典:ニコニコニュース)


    ブラマヨ吉田に限らず、芸能人って偉そうに物言う人が結構いますよね。でも、マナーは大切です。パソコンのタイピング音もあまりに大きいと周りに迷惑ということもわかりますが・・・。 

    1 膳摩漏 ★ :2018/08/24(金) 20:54:16.89 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬さん(45)が、新幹線でのノートパソコン使用時のマナーに関する持論をツイッターで展開した。

     吉田さんが苦言を呈したのは、公共の場にもかかわらず、パソコンのキーボードを強く叩く行為だ。これにはネット上でも、「ほんまわかります」「よう言うてくれました」といった共感が広がっている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000008-jct-soci

    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535094145/


    (出典 ameba-marketing-tool.net)



    (出典 little-beans.net)


    【ブラマヨ吉田 新幹線でのノートパソコン使用時のマナーに関する持論をツイッターで展開 】の続きを読む

    このページのトップヘ