芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 > アーティスト


    安室奈美恵“サヨナラ特番”を放送 NHKの熱狂的ファンが企画
    安室奈美恵“サヨナラ特番”を放送 NHKの熱狂的ファンが企画  デイリー新潮
    (出典:デイリー新潮)


    NHKでやる必要がある番組でしょうか?何かないようが偏っている気がします。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/08/31(金) 06:29:08.27 ID:CAP_USER9.net

     9月16日の引退まで1カ月を切った安室奈美恵。9月8日から10日には、「WE LOVE RADIO,WE LOVE AMURO NAMIE」と題し、日本民間放送連盟加盟のラジオ101局が安室の特別番組を放送する。ゲストとして安室本人も登場するそうだ。

     そして、16日当日には、NHKラジオ第1で午後1時5分から2時間50分間、「安室奈美恵 引退の日特番~未来へ~」なる企画もあるから、こちらにもサプライズ? 

     このNHKの番組、実は1人の安室ファンが企画する。「ニュースウオッチ9」でニュースのナレーションを務めるフリーの奥村奈津美アナウンサー(36)だ。

     さるNHK関係者がいう。

    「彼女の“安室愛”は局内でも有名。昨年引退が発表されると、何か番組ができないかとすぐにスタッフに提案し、安室サイドにも持ちかけ、この6月4日にはNW9で彼女の編成による単独インタビューが放送されました。その実績を踏まえ、今回のラジオ放送が実現したんです。ディレクションもMC役も全て彼女が務めます」

     女子アナウォッチャーの上杉純也氏が続ける。

    「広島、宮城と長く地方の民放でフリーアナウンサーとして経験を積んだ彼女、バイタリティが持ち味です。安室の映像を使うのは難しいのでラジオとなったんでしょうが、好きが高じて番組にまでしてしまう行動力と企画力は天晴れ!」

     番組は、安室を身近でよく知るヘアメイクアップアーティストや音楽プロデューサーらのインタビューなどを交え、番組特設ホームページで受付けるリクエスト曲を流すという構成だ。

    「16日は大相撲秋場所の中日、さすがにそれをど*わけにはいきませんでしたが、通常なら日曜午後の名物番組『日曜バラエティー』の時間帯。局の期待度が窺えます」(先の関係者)

     ナントカの一念、岩をも通すというから、ひょっとすると――。

    「週刊新潮」2018年8月30日号 掲載

    8/31(金) 6:00配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00547761-shincho-ent


    (出典 pbs.twimg.com)


    【公共放送でいいの?安室奈美恵“サヨナラ特番”を放送 NHK局内の熱狂的ファンが企画】の続きを読む


    浜崎あゆみ“ガラガラ祭り”…濃厚パフォーマンスも虚しく「a-nation」大トリ前に観客帰宅!
    浜崎あゆみ“ガラガラ祭り”…濃厚パフォーマンスも虚しく「a-nation」大トリ前に観客帰宅!  messy
    (出典:messy)


    浜崎あゆみ、大がかりな画像修正がネットで問題になっていますね。動画と写真の姿があまりにも違います。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/29(水) 22:26:11.25 ID:CAP_USER9.net

    8月26日に、夏フェス「a-nation 2018」の東京公演2日目が行われた。「a-nation 2018」はこの日の公演で幕を閉じ、大トリを飾ったのは浜崎あゆみ(39)だが、
    今年もまた例年通り、同フェスの名物“ガラガラ祭り”となってしまった。


    まず今回のタイムテーブルを見てみよう。オープニングアクトを務めたのは男性ダンスボーカルユニット「Da-iCE」。
    そこから「Dream Ami」「フェアリーズ」「NEW REVIVAL」「三浦大知」「Red Velvet」「FAKY」「倖田來未」
    「lol -エルオーエル-」「EXO」「TRF」という順番で、ラストの浜崎あゆみまでバトンを繋いでいく。

    しかし会場を訪れていた観客からは、「EXO」のパフォーマンスが終わると同時に人々が帰り始めたとの報告が多数SNSに上がった。
    中にはウソかマコトか「浜崎あゆみが歌う頃には半分くらいの人が帰ってた」という報告もあるほどだ。

    これが浜崎あゆみの“ガラガラ祭り”だが、今や毎年のように繰り広げられている光景だ。
    同フェスのトリを飾る浜崎あゆみの登場目前に、客が帰り出してしまう。
    もちろんすべての観客がそうというわけでは全くないが、帰宅ラッシュに巻き込まれたくない一部のお客が先に退出しているということだ。
    こうなると、マナーの問題である。

    とはいえ前日のトリを飾った東方神起は“ガラガラ祭り”になることがなかったため、浜崎の集客力が衰えていることも一つの事実だろう。
    「a-nation 2018」では先日オーディションを経て“一座”に加入したばかりの若いダンサー3名も踊り、1
    9歳の“ペイ”は浜崎の“相手役”として恋人のような情熱的で濃厚なパフォーマンスを披露した。
    舞台上での扇情的な絡みは浜崎ライブの見どころのひとつだが、それすら観客を引き止める材料にならないとは悲しい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1511223/
    2018.08.29 21:30 messy / メッシー


    (出典 image.dailynewsonline.jp)



    (出典 usedoor.jp)


    【なぜ?浜崎あゆみ 「a-nation」大トリなのに!“ガラガラ祭り”…濃厚パフォーマンスも虚しく】の続きを読む


    青山テルマ、“タイマン”申し込んできた大御所歌手に応戦した「ヤンキー魂」
    青山テルマ、“タイマン”申し込んできた大御所歌手に応戦した「ヤンキー魂」  アサ芸プラス
    (出典:アサ芸プラス)


    青山テルマ、柄が悪いです。もうちょっとソフトになってほしいです。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/26(日) 18:34:34.48 ID:CAP_USER9.net

    歌手の青山テルマが8月21日に放送された「やすとも・友近のキメツケ! ※あくまで個人の感想です」(関西テレビ)に出演し、過去に、とある先輩歌手から「いじめられた」体験を打ち明けている。

    番組内で、「ちょっといじめられたことがあって」と切り出した青山は、自身の代表作でもある2008年発売の「そばにいるね」がヒットした際、“結構大御所の女性歌手”から口撃を受けていたと告白。

    続けて、「ちょいちょい嫌がらせをされていて、そのうち、陰口も回ってきた。“アイツってどうせ金持ちの子やろ”みたいな。
    (自分は)めっちゃ貧乏なのになんでそんな噂になったんやろ、って思った」と回想し、事実と異なる内容の悪口が言いふらされていたことを明かした。
    さらに青山によれば、その歌手から2018年になって直接連絡が入り、2人きりで「とりあえずタイマン」し、これまでの不満をぶつけたという。


    「陰口を流した大御所の歌手が誰なのか、そして、なぜ今になって青山にコンタクトを取ってきたのかなど、様々な謎は残りますが、今
    年で31歳を迎える青山の口から発せられた“1対1で対決する”という意味の『タイマン』との用語には『久しぶりに聞いた』『ヤンキーキャラダサい』
    『30過ぎてタイマンとかもうやめてよ』といった指摘が寄せられています。また、くだんの嫌がらせの主としては歌手の倖田來未ではないか?との憶測がネット上で多く散見されており、
    倖田にとっては、いい迷惑といった心情かもしれませんね」(テレビ誌ライター)

    また、青山は件の先輩歌手と“タイマン”したことを友人でタレントの木下優樹菜へ報告したところ、
    「よくやったな!」とのお褒めの言葉を頂戴したとか。登場人物すべてがヤンキー感満載というアグレッシブなエピソードとなっている。

    空前の大ヒットとなった楽曲「そばにいるね」だが、同時にこうした副次的な弊害ももたらしていたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1508947/
    2018.08.26 17:58 アサ芸プラス


    (出典 Youtube)

    青山テルマ feat.SoulJa / そばにいるね


    (出典 Youtube)

    青山テルマ / 何度も


    【青山テルマ「とりあえずタイマン」大御所歌手と 「ヤンキー魂」見せる】の続きを読む


    元AAA・伊藤千晃のランジェリー姿、めちゃくちゃ美しいですね。AAA辞めちゃったのが残念でしたが、また活躍を見れるので楽しみです。

    1 きのこ記者φ ★ :2018/08/27(月) 19:17:54.96 ID:CAP_USER9.net

    元AAAの伊藤千晃が、「18AW アンフィ グラマリッチブラ(AMPHI×グラマリッチブラ)キャンペーン)」のイメージモデルに起用され、
    美ボディあらわなランジェリー姿を披露した。


    また、ソロ楽曲第2弾となる新曲「happiness」が、同キャンペーンのWeb CMのタイアップ楽曲に決定。
    映像では、大人の魅力たっぷりな雰囲気に仕上がっており、映像の中で流れる「happiness」は壮大なイメージと、
    印象的で覚えやすいサビのメロディーが秀逸な楽曲となっている。

    伊藤は自身のインスタグラムで動画を公開し、「今回ワコールの下着ブランド『AMPHI』2018AWのイメージモデルをさせて頂く事になりました 
    さらに、私の第2弾楽曲『happiness』がWEBCMのタイアップになっています!!9月12日にデジタルリリースされるのでぜひ聴いてください」とアピール。


    「モデルをさせて頂いたグラマリッチブラは、リッチな谷間をつくれる上に、脇すっきりも叶えてくれる優れもの バストを自然に寄せてフィッティングも良し!!」
    と商品の魅力も伝えた。

    ファンからは「美しすぎます」「めちゃくちゃ綺麗です!!」「見とれてしまうほど美しい」「素敵すぎる」「色気半端ない」「スタイル良すぎ」と絶賛の声が上がっている。

    https://news.mynavi.jp/article/20180827-684816/

    (出典 news.mynavi.jp)


    【「美しすぎる」とファン歓喜 元AAA・伊藤千晃、ランジェリー姿に】の続きを読む


    浜崎だけ画像加工したものを載せるなんてひどいですね。浜崎は画像加工しまくりのような気がします。映像で見るのと写真で見るのとまったく違います。どうなっているのでしょうか?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/26(日) 16:59:22.26 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    レアな2ショットだが、それもそのはず。浜崎と倖田が不仲であることはあまりにも有名だからだ。

    しかも浜崎は倖田との写真を公開するに当たって、自身の画像だけを修正した疑惑が持ち上がっている。

    浜崎はイベント『a-nation』のリハーサルで倖田とばったり遭遇したことを報告した上で、2人が話し込んでいる様子の写真を公開。
    「写真は一見、真面目な話をしてる様に見えますが、内容はツッコミどころ満載な爆笑大会。
    2人ともしゃべり声デカイからかなり騒々しかったかと思われます笑」とコメントした。

    浜崎と倖田の間のライバル意識から生まれた不仲を知らない人間はおらず、同じレコード会社所属にもかかわらず、ほとんど接点はなかった。

    「昔は格上だった浜崎に倖田が迫らんとする勢いで、2人のライバル心はかなりのものだった。
    お互いに顔を見るのも嫌がっており、周囲は2人がばったり会うことすらないように細心の注意を払っていた」(レコード会社関係者)

    常に噴出する浜崎の修正疑惑

    だが、時は流れ、2人そろって人気は落ち着いたことで、ライバル関係も解消されたのかと思いきや、ここで新たな疑惑が浮上している。

    「問題となっているのは公開された写真です。浜崎の姿だけ、妙にシュッとしているように見えるのです…。
    つい先月の様子とはあまりにも違うので、修正したとしか思えません」(テレビ局関係者)

    浜崎は7月末にフジテレビ『FNS歌謡祭』に出演したのだが、あまりにも太っており、視聴者に衝撃を与えたばかり。
    それから1カ月足らずの“大変身”に、ネット上で、「修正したに違いない!」との声が噴出しているのだ。

    「倖田はそのままで、自分だけ修正したのであれば、あまりにもヒドい。やはりまだ不仲は解消されていないのかもしれません」(同・関係者)

    いつになっても倖田には負けられない、ということか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1508886/
    2018.08.26 15:30 まいじつ


    【レアな浜崎あゆみ「倖田來未と2ショット」不仲のはずじゃ?でもこの写真、浜崎だけ画像加工?! ちょっとひどくない!】の続きを読む

    このページのトップヘ