芸能いろいろ玉手箱

芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    芸能いろいろ玉手箱は、2chで話題なスレ、動画、画像など旬のスレをまとめて紹介しています。お気に入りのおもしろい記事を探してみてください。「このサイトちょっとおもしろいじゃん」と思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 > AKB48


    NY公演でドン引きされたAKB48 秋元康氏「日本の独自性が海外で受ける」
    NY公演でドン引きされたAKB48 秋元康氏「日本の独自性が海外で受ける」  livedoor
    (出典:livedoor)


    秋元康 好きになれないです。

    1 Egg ★ :2018/10/25(木) 06:21:28.54 ID:CAP_USER9.net

     AKB48グループや乃木坂46、欅坂46の総合プロデューサーで作詞家の秋元康氏が24日、東京・丸の内周辺で開催されているアートイベント『藝大アーツイン丸の内2018』(22日~31日)のスペシャルトークショーに登壇した。

     東京藝術大学の客員教授でもある秋元氏は、自身の経験を交えて「秋元康の芸術観」をテーマにトーク。「一朝一夕には手に入らないものに価値がある。時間をかけないと手に入らないものが大事」という秋元氏は「すごく不遜な言い方をすると、ヒット曲というのは経験や誰が歌うかを含めて狙えると思うんですよ。結果ヒットするかは別として。でも、スタンダードナンバーは狙えないんです。最終的に皆さんが、いい曲だねと言って残してくださるからスタンダードになる。流行歌の完成形は、50年後、100年後に口ずさまれているかということ。芸術もそうでしょう?」と話した。

     タイ・バンコクを拠点に活動するAKB48の姉妹グループ、BNK48の2ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」が社会現象化していることにも言及し、かつては海外進出に失敗したことも回顧。「僕は欧米にあこがれた世代。欧米のようなものを作りたいとずっと思っていたんですね。そうやって音楽や映画を作って、ことごとく失敗した。お前らみたいな中途半端なものはいらないと言われてしまう。80年代にハリウッドで映画をやろうとしたけど、けんもほろろでした」と振り返る。

     海外進出を諦めてホラー映画『着信アリ』(2003年)を作ったところ、ハリウッドからリメイクの話があり、その後『ワン・ミス・コール』として2008年にアメリカで公開された。「こちらが海外のことを考えずに、自分たちが楽しいもの、ドメスティックなものを作れば作るほど彼らは欲しくなる」と、日本の独自性が海外で受けたことを語った。

     AKB48の例もあげ、「AKB48を(2009年に)ニューヨークに連れて行って公演をやったんですよ。最初の3曲はドン引きです。歌は下手だわ、ダンスは下手だわ、バラバラだわで何しに来たんだと。

    ところが4~5曲目くらいからなんだかわからないエネルギーに巻き込まれて、アンコールの頃にはスタンディングオベーションがすごかったんです。日本のアニメとかアイドル、ホラー映画とか、自分たちで作れないものが受ける。タイのBNK48、インドネシアのJKT48もそうなんですけど、面白がられるんですよね」と経験を踏まえた持論を展開した。

     ダンスや歌唱面では「K-POPはすごい」という秋元氏は、対して「日本のアイドルはドキュメンタリーなんです」と語る。

    「夢がかなうまでの物語を、みんなが見ている。AKB48のコンセプトは後付けで言うと、高校野球なんです。秋葉原に新設の高校野球部ができました。野球の下手っぴな子たちが集まって、そこに秋元康という、かつておニャン子クラブを甲子園に導いた監督が来ました。それで下手っぴチームがどこまで行けるでしょうかということでスタートしました。一部のファンが頑張れと応援してくださって、だんだん名前が知られるようになって都大会で優勝して、初甲子園に行って、1回戦で敗退して…そして甲子園で優勝した。言葉も違えば文化も違うインドネシアやタイでなぜ受けるかというと、同じようにそこには夢があり、夢に手を伸ばす少女たちがいるということ。夢に手を伸ばす集団なんです」と話していた。

     『藝大アーツイン丸の内』は、東京藝術大学が次代を担う新鋭アーティストを支援するとともに、ビジネス街・丸の内を訪れた人々に気軽に芸術を楽しんでもらうことを目的とした体感型アートイベント。12年目を迎えた今回は「BORN!」テーマに、22日~31日までの期間中、丸の内周辺各所で“見て、聴いて、触れて、食べて楽しむ”イベントが同時開催されている。聞き手は東京藝術大学の特任教授でイベントの総合プロデューサー・伊東順二氏が務めた。

    2018年10月24日 20時17分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15493311/


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【AKB48 NY公演でドン引き 「日本の独自性が海外で受ける」「日本のアイドルはドキュメンタリーなんです」と秋元康氏】の続きを読む


    板野友美、元気そうで何よりです。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/01(土) 22:04:03.91 ID:CAP_USER9.net

    元WBA世界ライトフライ級王者で白井・具志堅ジム会長の具志堅用高氏(63)が1日、
    「ボクシング世紀の一戦“ゴロフキンvsカネロ II”完全ガイド」(10日午後11時、WOWOWプライムで無料放送)の収録に参加した。

    ミドル級のWBAスーパー&WBC王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)と、2階級王者の“カネロ”ことサウル・アルバレス(28=メキシコ)。
    1年前の初対決では引き分けており、15日(日本時間16日)に再戦に臨む。

    具志堅会長は「カネロの動きは前回と違う。
    逃げないで前に出ていけばチャンスはある。ゴロフキンの(パンチが)当たる距離にいるとチャンスはないと思う」と予想。
    さらに「中盤で決まると思う」とKO決着を予言した。

    一緒に収録に臨んだお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」上田晋也(48)から「バラエティー番組の時とは顔つきが違いますよね」と言われると、
    「クイズは『当たりたい』という気持ちで一生懸命やってますけど、ボクシングは間違えちゃいけないんで。
    WOWOW(に出演するのが)初めてなので非常に緊張しました」と意外な一面を見せた。

    収録には元AKB48の板野友美(27)も参加。
    上田が「最近のプロレス会場は『プ女子』が多いから、ボクシング会場にも増えてほしい」と話すと
    「カネロは格好良かった。女子でも楽しいというか、海外にも見に行きたいと思った」と、ボクシングの魅力にハマッた様子だった

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1113790/
    2018年09月01日 20時40分


    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    (出典 Youtube)

    WOWOW エキサイトマッチ テーマ曲


    【板野友美 久々の出演「女子でも楽しいというか、海外にも行きたい」ボクシングの魅力にハマる】の続きを読む


    SKE48・松井珠理奈「休養長期化」に“天敵”宮脇咲良が大喜び
    SKE48・松井珠理奈「休養長期化」に“天敵”宮脇咲良が大喜び  まいじつ
    (出典:まいじつ)


    本当の悪者はどっちなんですかね?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/29(水) 20:23:14.76 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    総選挙1位、『SKE48』松井珠理奈の復帰のメドがまるで立たない。このまま長期休業、あるいは『AKB48』グループから脱退するのではないかという声まで出始めている。

    この事態に、松井との不仲が囁かれる『HKT48』の宮脇咲良が大喜びしているという。コトは6月16日に行われた『第10回 AKB48世界選抜総選挙』の開票イベントにさかのぼる。

    「オープニングのダンスでヤル気の見えない宮脇に、松井が注意。すると宮脇は『なんで、あんたに……』と言い返し、場が険悪になった。結局、開票後メンバーによる記念撮影を宮脇がボイコットしたのです」(AKBライター)

    ところが開票日の直後から、松井の方が「体調不良」で休業に入ってしまった。

    「表向きは開票日まで3日間飲まず食わず。精神的にも肉体的にも疲れて休養するという話でしたが、
    実際には宮脇に取った態度を主催者に叱責され、大きなショックを受けた。それで仕事が嫌になったといいます」(同・ライター)

    そのため、休業が長期化。ついに9月19日発売予定の『センチメンタルトレイン』のセンターの映像に間に合わないという“異常な事態”にまで発展してしまった。

    「新譜のミュージックビデオは松井不在のまま制作。映像は松井が踊るセンターをCGで、ビデオ内のドラマは松井の絵コンテでゴマかされた。完全に窮余の策でしょう」(音楽ライター)

    ファン不在の争いか?

    松井、宮脇、どちらが悪いかは不明だが、AKBにおいて松井は2008年から活動している10年のキャリア。一方、宮脇は11年から活動と短く、年齢も松井より1歳年下。

    「松井はAKB思いで、宮脇の無気力を注意した。しかし宮脇は、開票イベントがSKEのお膝元の名古屋で行われ、結果が見えている総選挙には最初からシラケていた。
    案の定、松井が1位で、宮脇は3位。当初は2位予想だったのに宮脇は3位に落ち、怒って撮影をボイコットしたのです」(前出のAKBライター)

    ちなみに2位は、やはりSKEの自称「*力(りょく)」が売り物の須田亜香里。昨年の6位で、完全な名古屋票といわれる。

    「宮脇は悪くても2位だという考えがあった。でも3位。これに怒りまくって、松井の長期休業には『引退すればいい』と言っているほど。
    宮脇は今、韓国のオーディション番組『PRODUCE 48』に出演中。
    番組オリジナル曲ではセンターを務めている。松井の休業は大歓迎だが、もし復帰ならばHKTと韓国を主活動にする予定です」(前出の音楽ライター)

    2人のバトルは気になるが、話が本当なら松井があまりにもかわいそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1511151/
    2018.08.29 19:00 まいじつ


    (出典 news-sokuhou.site)



    (出典 nstimes.com)


    【『AKB48』グループから脱退⁈ 松井珠理奈 復帰のメドが立たず、天敵、宮脇咲良が大喜び】の続きを読む


    指原莉乃、りゅうちぇるのタトゥーに理解を示すも批判は「当たり前」
    指原莉乃、りゅうちぇるのタトゥーに理解を示すも批判は「当たり前」  スポーツ報知
    (出典:スポーツ報知)


    指原莉乃、とてもしっかりした意見ですね。感心しました。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/26(日) 12:28:01.63 ID:CAP_USER9.net

    HKT48の指原莉乃(25)が26日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し、タトゥーを入れたと公表したタレント・りゅうちぇる(22)について言及した。

    りゅうちぇるは妻・ぺこ(23)と7月に誕生した長男・リンクくんの名前をタトゥーで刻んだことをインスタグラムで明かし、一部から批判の声が殺到した。

    このことについて意見を求められた指原は「ファッション的なタトゥーが最近増えているのが分かるので、入れるのは別にいいと思うんです。
    (SNSに)載せるのもいいんです」と一定の理解を示した。


    しかし、続けて「でも、それって批判の声があるのもあたり前、あるものだと思っていますし。
    その批判の声に対して(りゅうちぇるが)『こんなに偏見がある社会ってどうなんだろう』と言っていることが、気になりました」と首をひねり、
    「それって当たり前じゃない?って。見せるんだったら、そういう意見も受け入れて(タトゥーを)入れるぐらいの覚悟がないと。
    タレントさんだし、見られる人だし、応援される人だから、それは言わなくても良かったんじゃないかなと思います」との見解を述べた。

    この発言にゲストの泉谷しげる(70)も「指原の言ったことはすばらしい。夫婦間で決めたことなら構わないと思うんですよ、極道じゃないんだから。
    でも『偏見』ていうのは(違う)」と同意した。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15212418/
    2018年8月26日 11時43分 スポーツ報知


    (出典 wordleaf.c.yimg.jp)



    (出典 music.oricon.co.jp)


    【さすが指原莉乃、その返し、正論!りゅうちぇるのタトゥーについて】の続きを読む


    AKB48グループのメンバーたちにも“働き方改革”が必要 だと思います。ハードなスケジュール、、キモオタとの握手会、メンバーとの人間関係等大変だと思います。若い彼女たちが輝いて働くことが出来る環境を整えてあげてほしいと思います。

    1 メアリー ★ :2018/08/17(金) 15:23:36.95 ID:CAP_USER9.net

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/06472566/
    リアルライブ
    2018年08月17日 12時40分

     AKB48のメンバーで、STU48キャプテンを兼任する岡田奈々が喉の不調が続いたため声帯結節の手術を受けたことを16日、グループの公式サイトで発表した。


     同サイトでは、「以前より喉の不調が続いたため、病院にて診察を受け、声帯結節と診断されました。先日無事に手術を終え、経過も順調ですが、現在経過観測のため療養をしております」と報告。

     術後の報告となった理由は、「本人の希望により、ファンの皆様方へご心配を掛けたくないという想いから、術後のご報告とさせていただきました」と説明。

     今後の活動について、「リハビリをしながら徐々に再開させていただきますので少しの間、活動に制限が出てしまいます」とした。

     岡田はファンに向け、「数日間声を出せなかったり、ライブ等の声を出すお仕事は当分の間出来ないのですが、身体は元気です!どうか御心配なさらずに…!」と回復ぶりをアピールした。

    「責任感が強くプロ意識がひと一倍高い岡田だけに、ギリギリまで体の不調を訴えることができなかったのでは」(テレビ局関係者)

     48グループといえば、今年の総選挙で1位を獲得したSKE48の松井珠理奈は体調不良で療養中で、センターを務める予定だった9月発売のニューシングルへの不参加が決定。

     今月10日から3日間、千葉県の幕張メッセで握手会が行われたが、AKB48の柏木由紀、HKT48の指原莉乃と宮脇咲良ら出演予定だったメンバーが次々と体調不良によって握手会を中止していたのだ。

    「先の先まで握手会のスケジュールがいっぱいのようです。ほかの仕事もあるので、特に人気メンバーはオーバーワークになってしまうでしょう。それに加え連日の猛暑。運営サイドはもう少しメンバーの体調に考慮した方が良さそうだ」(レコード会社関係者)

     48グループのメンバーたちにも“働き方改革”が必要なようだ。



    (出典 48pedia.org)



    (出典 portal.st-img.jp)



    (出典 shop.r10s.jp)



    (出典 hagureonee.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【AKB48グループのメンバーたちにも“働き方改革”が必要  メンバーが続々と体調不良 連日キモオタとの握手会に追い詰められて?!】の続きを読む

    このページのトップヘ